菅原会計税理士法人菅原会計税理士法人

業務案内一覧

菅原会計税理士法人からのお知らせ

2020.1.6 事務所通信1月号を掲載しました

消費税旧税率8%と10%の切り替わり時期に注意!


2019年10月より消費税が10%になりました。ですが、支払内容や支払方法によっては、10月、11月でも旧税率8%の支払がでてくることがあるので注意が必要です。すでに会計入力済みの方も再度確認してみて下さい。
※9月までの消費税率のことを旧税率8%とします※


★電気代、水道料金や電話料金等

公共料金ですが、検針日は各家庭、事業所によって異なります。どのタイミングで10%になるのでしょう?
国税庁は下記のように示しています。
【2019年10月1日前から継続して供給している電気、ガス、水道、電話、灯油にかかる料金等で、2019年10月1日から2019年10月31日までの間に料金の支払いを受ける権利が確定するもの】
例えば検針日が20日の場合
9/21~10/20分→旧税率8%   10/21~11/20→10% となります。
10月の20日分は、10%でなく旧税率8%です。

そしてこれをクレジットカード等で支払っている場合、9/21~10/20分の支払いが11月や12月にでてくるなんてこともあります。

消費税が旧税率8%なのか10%なのか分からなくなってきますね。
そこで大切なのが、検針票や料金の明細書です。最近はペーパーレスなどで明細がでないこともありますが、特に9月~11月あたりの明細は印刷して書面での保管をお願いします。
消費税に関して不明点があればお問い合わせください。



 矢印 事務所通信1月号

過去の記事を見る