菅原会計税理士法人菅原会計税理士法人

業務案内一覧

菅原会計税理士法人からのお知らせ

2019.4.26 事務所通信5月号を掲載しました

相続登記を放置していませんか?


 近年、相続した不動産について、相続登記が行われていないことも多く、社会問題となっていることをご存じでしょうか?相続登記がされていないと、所有者不明の土地が発生し、空き家問題など様々な問題となっています。


★相続登記した場合のメリット・デメリット

  相続登記がされていれば、不動産を売却しようとした時に、すぐに手続きできますが、登記されていないと、所有者が不明となっていて、調査に時間がかかったり、売却したい時にすぐに売却できないこともあります。また、相続登記の費用や手数料も高額となることがあります。


★相続登記の免税措置があります!

 相続により土地を取得した方が、相続登記をする前に亡くなった場合、その方の登録免許税が免税となります(下図のA→B間)。この措置は平成30年4月1日から令和3年3月31日までの期間に限ります。また、この措置を受けるには申請が必要となりますのでご注意ください。

 <イメージ>   死亡   死亡    
   →   → 
    相続未登記   相続  




住民税の特別徴収の決定通知書が届きます
令和元年6月分より住民税の特別徴収額が変更になります。
従業員の給与から天引きしている住民税(市県民税)の変更をお願いします。


 矢印 事務所通信5月号

過去の記事を見る