菅原会計事務所菅原会計事務所

業務案内一覧

菅原会計事務所からのお知らせ


 求人情報

菅原会計事務所では、現在職員を2名募集しています。


仕事内容 税理士業務・・・経理事務など
行政書士業務・・・遺言書作成、建設業許可書の記入指導など
その他、コンサルタント業務
雇用形態 正社員
給  与 当事務所の規定による
※賞与年2回(6月12月)、通勤手当支給、資格手当あり(該当者のみ)
応募条件 大卒以上、パソコン入力(エクセル・ワード)できること、
普通自動車免許(AT限定可)必要、
30歳以下(長期勤続によるキャリア形成のため若年者等を対象)
勤務時間 8:30~17:00
休日休暇 完全週休2日制(土日)祝
年末年始、盆、GW
採用方法 面接と筆記試験(一般常識)
問合せ先 TEL 059-382-5055
採用担当:菅原昌子、青山隆志

2018.2.1 事務所通信2月号を掲載しました

役員報酬と渡切交際費


 役員となれば会社の顔となり、社外・社内を問わず交際が多くその分支払もかさむことが増えるでしょう。そこで、ある役員に通常に支給する役員報酬とは別に、交際費として一定額支給することがあるかもしれません。

 しかし、その支給には注意が必要です。その支給名目が特別手当や接待費などのどのような名目であっても、役員報酬(賞与)とみなされます。これを「渡切交際費」といいます。

 役員へ支給した渡切交際費は、損金算入できません。

 また、その役員には、通常の役員報酬にこの渡切交際費を含めた金額が本当の役員報酬となり、そこに所得税などの税金がかかります。

 つまり、実際にお金は出ていっているにもかかわらず、経費にはならないために法人の税金は増え、かつ、その役員個人の税金も増えるということになります。


 そこで、役員報酬ではなく交際費として認められるよう、領収証をもらい、おつりは会社へ戻しましょう。


 領収証がもらえなかった場合(たとえば、割り勘で支払ったときなど)でも、
  ① いつ(日付)
  ② 誰が(宛名)
  ③ 誰に対して(支払先)
  ④ 何を(但書き)
  ⑤ いくら支払ったのか(金額)
の5点を記載したメモを残しましょう。そのメモを領収証の代わりとすることができます。


 役員だけでなく従業員へ「渡切交際費」を渡した時も、同じように賞与となります。この場合、会社の経費にはなりますが交際費ではなく賞与となり、その従業員に所得税等がかかりますので、注意しましょう。



確定申告のお知らせ
確定申告の受付は2/16~3/15ですが、還付申告の場合はそれ以前でも申告が可能です。
必要な書類が揃いましたら、お早めに当事務所までお持ちください。



 矢印 事務所通信2月号

過去の記事を見る